ロゼレムは薬局やドラッグストアで買える?

ロゼレムを薬局やドラッグストア以外で手に入れるには

ロゼレムは薬局やドラッグストアでは残念ながら売っていません。その理由をここでは説明していきたいと思います。

 

ロゼレムを買えない理由

 
ロゼレムは、薬局やドラッグストアに買いに行っても売っていません。ロゼレムは取り扱いを制限された睡眠薬なので、薬局やドラッグストアをはじめ市販することはできないのです。ロゼレムを入手するには、病院で診察を受けて処方箋をもらう必要があります。処方箋がないのに薬局に行っても、時間の無駄です。他人が処方箋をもらって薬局でロゼレムを受け取ったのを見て、買えると誤解している人もいますが、薬局では購入できません。

 

病院で手に入れる以外の方法は残念ながらありません。それ以外の方法で手に入れたというのであれば、知らなかったとはいえそれは違法な取引をしてしまったということになります。わかった上で取り扱っているのか、それとも知らずに取り扱っているのかはわかりませんが、今後その人物・店とは関わり合いにならない方がいいでしょう。

 

実際には調剤薬局にはロゼレムは一定量置いてあるとは思いますが、処方箋を持っていかなければ売ってもらえません。病院での診察を受けずに、置いてあるなら売ってくれと言ってもそれは無理です。とにかく病院に行ってから出なければ絶対に売ってもらうことはできないのです。特別なルートで仕入れたなどと言われても買ってはいけません、そもそも購入が違法なのです。

 

病院で正当に診察を受けて処方を受けて手に入れるのが一番いいでしょう。薬代以外の診察料等も含めてロゼレムにかかる費用は5000円程度になります。

 

とはいえ、病院に行く時間がない、心療内科や精神科に通うのは怖い、5000円はきついのでもう少し安く手に入れたい。という方もいらっしゃると思います。何か方法はないのでしょうか。実は日本国内では購入する方法はありませんが、海外から取り寄せるという手段があるのです。

 

輸入代行を利用しよう

 
上で説明したルールはあくまで日本国内の話です。ロゼレムは国内市販未認可薬ではありますが、海外から輸入するのは問題ありません。これを個人輸入といいます。個人輸入はあくまで輸入した本人が使用するという目的のみで許可されています。自分が個人輸入した物を他人に有償無償問わず渡すことはできませんし、個人輸入したものだから売ってあげるなどと言われてもそれは違法行為なので気をつけましょう。個人輸入した薬品を自分で使っている分には何の問題もないのです。

 

個人輸入とは要するに海外から品物を取り寄せることなのですが、多少の語学力も必要になってきますし、手続きが煩雑で面倒くさいという面もあります。そこでそういったわずらわしい手続きを代行してくれるのが個人輸入代行業者です。面倒な処理は全部やってくれますので、個人輸入をする本人からすればネット通販をするような感覚で薬を輸入することができます。ただし、こちらも個人輸入の手続きを代りにやってもらっただけということは忘れないようにしてください。手に入れた薬を誰かに渡してしまうとそれは違法行為となってしまいます。

 

個人輸入代行業者を使えば、病院に行かなくていいのでその点はクリアできますが、代わりの問題点としてロゼレムの価格が浮上します。病院でロゼレムを処方してもらえば保険が効いて安くなります。ですが、個人輸入で手に入れた場合はそれがないので大体月に6000円程度と薬代がかさんでしまうのです。診察代等はかかりませんが薬代がかなり上がるのでトータルとしては費用増加という結果になります。これでは意味がありませんので、その解決策としてロゼレムのジェネリック医薬品を使いましょう。

 

ロゼレム(新薬) ラミタックス(ジェネリック)
200円~ 40円
   

 

ジェネリック医薬品とは新薬(この場合はロゼレム)の特許が切れたのちに新薬をもとに開発された後発医薬品のことです。ゼロから開発を行う必要がないので研究費用を大幅に削減することができるため価格が安いのが大きな特徴です。効能成分は新薬と同じですから安心して使うことができるでしょう。

 

価格は業者次第で変わってきますが大体1錠40円くらいですので、月額1200円と大幅に費用削減が可能です。現時点での価格は以下のようになります。

 

  1錠価格 送料 ショップ 詳細
40円 無料 オオサカ堂  
49円 無料 いろはウェブショップ  
50円 無料 TOP  

 

オオサカ堂ですと局留めができますので他人の目に触れたくない場合に助かります。

 

ここまで、病院に行く手間を省く方法や安くするための方法を紹介しましたが、あくまでロゼレムは病院で処方してもらうのが一番いいということを忘れないようにしてください。診察を受けて正しい用法などを医者の口から直接聞いてから服用するのが最良の方法です。

 

ロゼレムってどんな薬

 
ロゼレムは、体内時計を整える薬で、睡眠のリズムを作ります。そのため、自然な状態で眠りに就くことが可能なのです。どちらかというと、軽い不眠症に適しています。慢性的な不眠症で、夜なかなか寝付けない人が、ロゼレムを使っているケースが多いです。ロゼレムは、メラトニン受容体を刺激します。メラトニン受容体を刺激することで自然な眠りを促すのです。ロゼレムは、新しいタイプの不眠症の治療薬で、様々なメディアで話題になっています。ロゼレムは、ゆっくりと効くタイプの治療薬ですが、記憶障害などの副作用が少ないのも特徴のひとつです。禁断症状を起こすような依存性もないので、安心して使うことができます。

 

不眠症は現代病

不眠症の治療は、症状をよくチェックしてから行います。どうして不眠症になったか、医師がしっかりと把握してから治療を始める必要があるのです。

 

日本は、不眠症の悩みを抱えている人が、男女を問わず多いです。不眠症の原因は、人によって様々です。そのため、対処方法も人によって異なります。不眠症の主な原因は、ストレスや心身の病気、環境によるものです。不眠症は、入眠障害、中途覚醒など4つの種類に分類されています。入眠障害は、寝つきが悪く、横になっても、なかなか眠れない状態です。中途覚醒は、眠ったものの、眠りが浅く、夜中に何度も目が覚めてしまう状態です。多くの場合、眠れない状態が数日続いても、1週間もたてば眠れるようになることが多いです。このような場合は、病院に行く必要はないです。しかし、不眠の症状が1か月以上も続き、仕事や日常生活に影響が出るようであれば、不眠症と診断されます。不眠症が続くと、体のだるさや集中力の低下、食欲不振、頭痛などの症状が出てくることもあります。人間には体内時計がありますが、体内時計が正常に働かないと、不眠の症状が出ることがあります。